新型コロナは性交渉で感染するのか?

精子からウイルス検出の情報

=受容体は精巣内に多数ある=

こんにちは「ファイトクリニック」院長のドクター林です。本日のテーマは「新型コロナウイルスは性感染症なのか」です。

1~3月に中国で感染した男性38人の精子を調べたところ6人から新型コロナウイルスが検出されたという研究があります。医療ジャーナル「JAMA Network Open」で公開されたものです。同様な研究結果が複数報告されており、新型コロナウイルスは精子を通じて女性にも感染するのではないか、という見方が浮上しているのです。

というのも新型コロナウイルスが体内の細胞に侵入するには細胞の表面にACE2と呼ばれる受容体が発現していなければなりません。新型コロナウイルスはそこと結合することで細胞内に侵入して、細胞の組織を乗っ取ることで増殖し、そこをベースにさらに別の細胞に感染していくのです。

このACE2受容体はのどや鼻や肺の奥以外に、口の中(とくに舌)、心臓、肝臓、腎臓のほかに精巣にも存在すると言われており、精子の中に新型コロナウイルスが混ざっているということは、精巣や卵巣にも新型コロナが感染する可能性があるのではないか、と見られても不思議はないのです。

実は精子を通じて感染する意外な感染症は複数あります。例えば「ジカ熱」や「エボラ出血熱」です。「ジカ熱」はブラジルのリオオリンピック時に流行したのでご記憶がある人も多いと思います。蚊を媒介した感染症で感染した妊婦からは小頭症の胎児が生まれる場合があることが報告されています。「エボラ出血熱」は致死率が最大90%と言われるウイルス性の感染症で、アフリカのコンゴと南スーダンで同時に見つかりました。

いずれも精子による感染が確認されています。そもそも精子はその役割から免疫組織からの攻撃を受けにくいため、ウイルスの絶好の隠れ家といわれています。

では、新型コロナは本当に性感染症なのでしょうか? 現時点では感染症とは認定されていません。理由は2つあります。一つは、精子がみつかったことがイコール感染能力をもっていることとは別だからです。精子が見つかってもそれを培養したときに数が増えなければ生きたウイルスではない、つまり感染能力がないということです。

もうひとつは間違いなく精子によって感染したとの事例が報告されていないからです。セックスで感染したとしてもそれは精子が感染経路でなく、キスや愛撫によってACE2受容体の多い口腔内や舌から感染したかもしれません。その場合は単なる接触感染であり、性感染症とは言えません。

とはいえ、他の性感染症対策にもなりますから、子供を求めるため以外であれば必ず性交渉時にはコンドームをつけることをおススメします。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© ICI療法は東京都江戸川区にある

弘邦医院でも受診できます。

〒105-0004東京都港区新橋2-16-1

ニュー新橋ビル324 

TEL: 03-3686-5366

​